クリックすると質問の回答が表示されます。
米と米麹と水でできています。砂糖は入っていません。またご家庭でも、米麹があれば、蒸した白米(またはおかゆ)と混ぜ合わせて8時間〜数日寝かせることで、甘酒を作ることができます。
のレンMUROで扱っている商品には入っていません。
甘酒の甘みは主成分であるブドウ糖から引き出されています。ただし、市販されている甘酒の中には砂糖が入っているものもあります。特に酒粕から作られている甘酒は使用されています。
のレンMUROで取り扱う甘酒には、全商品アルコールは入っていません。
甘酒には大きく分けて2種類あり、お米を米麹で発酵させて作った「米麹甘酒」と、酒粕をお砂糖とともに溶いて作った「酒粕甘酒」があります。「酒粕甘酒」には微量アルコールが含まれていますが、「米麹甘酒」には一切アルコールは含まれていません。
安心安全のノンアルコールなので、お酒が苦手な方をはじめ、お子様や妊娠中の方など誰でもご賞味いただけます。
目安としては100〜200mlが良いとされています。詳しくは、「甘酒の飲み方」をご参照ください。
おすすめは朝です。糖質(ブドウ糖)、ビタミンが多いため、スムーズにエネルギー補給ができます。
消化・吸収が良いので、起きたばかりの胃にも負担がなく優しいでしょう。次いで就寝前がおすすめです。甘酒にはリラックス効果があり、ストレスの改善にも良いとされています。詳しくは、「甘酒の飲み方」をご参照ください。
当店で扱っている米麹の甘酒にはアルコールが含まれていないので、妊婦中の方やお子様にもお召し上がりいただけます。
ワンちゃんやネコちゃんに飲ませても大丈夫です。甘酒のブドウ糖による食欲促進効果やオリゴ糖や食物繊維による整腸作用などがあり、年齢の高い子の栄養補給におすすめです。
ただし、アルコールの入っている酒粕甘酒ではなく、アルコールのない米麹甘酒を選んでください。
また。甘酒は糖分が高いので、飲ませすぎないように気を付けましょう(ワンちゃんの場合、小型犬なら小さじ5杯、大型犬なら大さじ10杯程度が目安です)。ほかにも、ガンを持っていたり肥満の子への摂取や、甘酒を飲んだ後の運動などは避けてください。
生甘酒以外の市販の甘酒は過熱しても、すでに殺菌されているので栄養成分は変わりません。
ただし飲料として楽しむ場合には、ぐつぐつと沸騰させてしまうと風味が飛んでしまうので、加熱し過ぎにはご注意ください。
特にありません。ヨーグルトにかけて楽しんだり、料理で砂糖のかわりに使ったり、積極的に使ってみてください。
効果が目に見えて実感できる目安としては2週間〜1カ月くらいでしょう(個人差あり)
もしかしたらそれは酒粕甘酒の印象かもしれません。御来店いただくお客様の中にも、同じような方が多くいらっしゃいます。
詳しくは下記の「米麹甘酒と酒粕甘酒の違い」の表をご覧ください。飲みやすく美味しい米麹甘酒を飲んでいただければ、今までの甘酒の印象が大きく変わるかもしれません。
You have successfully subscribed!
This email has been registered
ico-collapse
0
最近見た
商品
ic-cross-line-top
Top
ic-expand
ic-cross-line-top