のレンMUROの想い

「甘酒を通じて、心身ともに人々の健やかな毎日に貢献する。」
 をコンセプトにした甘酒専門店です。 


かつて、米・味噌・醤油・酒などの発酵食品の荷揚地として栄えた食の街・神楽坂で、まだまだ
知られていない甘酒の魅力を発信していきます。


酒蔵が造った甘酒や、無添加で体にやさしいオーガニック玄米甘酒、さわやか
な飲み心地の乳酸発酵甘酒、米の品種や精米度にこだわった高級甘酒など、
米麹の甘酒にこだわり全国各地から選りすぐりの甘酒を取り揃えております。

のレンMURO・発酵マイスターが選ぶ甘酒のこだわり

のレンMUROの使命のもと、素材や産地にこだわった甘酒に厳選し、お取り扱いさせていただいております。一番大事にしていることは、やはり美味しさ。スタッフ同士で話し合いを重ね、お客様におすすめしたいと思う甘酒だけを選んでいます。甘酒の専門店として、甘酒の世界を楽しんでいただけますよう、市販のスーパーなどではお見かけできないような珍しい甘酒の取り扱いにも力を入れています。原材料はなるべく純度の高いものにこだわり、より素材由来の味わいの甘酒をご紹介できるよう努めております。また、地域に寄り添った生産者さんや甘酒作りに思いのこもった造り手さんを大切にしています。米麹甘酒は日本全国で作られていることも知っていただきたく、北は北海道、南は沖縄まで全国各地から取り寄せております。

「米麹甘酒」とは

「米麹甘酒」は、蒸した白米またはおかゆを米麹と混ぜ合わせて、8時間〜数日寝かせることで出来上がります。お米を発酵させることによって出来る発酵食品です。

ブドウ菌の作り酵素アミラーゼが甘酒の主成分であるでんぷんを分解することによってブドウ糖が生成されます。ブドウ糖が甘さを導くため、米麹甘酒には基本的に砂糖は入っていません。


一方、「酒粕甘酒」は、酒粕にお砂糖とお水を溶いて作られます。日本酒の製造工程で出る酒粕を使用するため、アルコールが微量含まれています。


のレンMURO神楽坂店で扱っている甘酒は、全て米麹甘酒です。そのため、アルコール分は入っておらず、安心してお召し上がりいただけます。

米麹甘酒の効果・効能

 米麹甘酒には必須アミノ酸、ブドウ糖、ビタミンB群などが豊富に含まれており、点滴とほぼ同じ成分から「飲む点滴」ともいわれています。またコウジ酸による美白効果も期待されることから、最近では「飲む美容液」とも注目されています。

 必須アミノ酸は、体内で合成できない9種類のアミノ酸のことで、甘酒はこれらをバランスよく摂取することができます。アミノ酸は、夏場は特に汗で失われやすいので、それを補うことができます。また、ブドウ糖は、脳の活性化、疲労回復効果があります。

 お米であることからビタミンB群が豊富です。特に玄米の甘酒はより豊富に含まれていますので、ビタミンB群を補いたい方は玄米の甘酒もおすすめです。