• 甘酒と白酒の違い|甘酒専門店 のレンMUROムロ【公式通販】

    甘酒と白酒の違い|甘酒専門店 のレンMUROムロ【公式通販】

    こんにちは。米麹甘酒専門店のレンMUROです。 前回、前々回のブログと、甘酒における”違い”についてまとめたので、引き続き今回も甘酒と似ていて違うものについて書きたいと思います。   ということで、本日のテーマは『甘酒と白酒の違い』についてまとめてみました。   皆様、『白酒(しろざけ)』とはどんなものかご存知でしょうか。 ご存知の方は「雛祭りに飲むもの」という認識があるかと思いますが、見た目は甘酒ととても似ており、材料も似ているところが多いのです。   そもそも白酒とは、蒸したもち米にみりん(または焼酎・米麹)を加えて1か月程度寝かせ、熟成したもろみを臼で引き下ろして作られる飲み物です。 甘酒との大きな違いは、アルコール分を含む点で、白酒はアルコールを10%前後もあります。そして糖度は45%程度あり、米麹の作用により甘酒のように甘みが強いです。 なので白酒は、酒造法上のリキュールに該当しており、前々回のブログでかいた日本酒(家庭ではどぶろく)と同じように、法律上家庭で作ることは禁止されています。 アルコールを含むため、雛祭りのお祝いのお酒とはいえ、子どもにはあまり飲ませられないですね。なので、現在では代わりとして甘酒が飲まされます。   白酒は、室町時代から桃の節句で桃の花を浸して飲む風習がありました。 そもそも雛祭りとは、古代中国から、季節の変わり目に長寿と健康を願って厄払いしていた風習が伝わり、それが現在の雛祭りとなりました。また、桃が「長生きできる果物」という中国の言い伝えから、日本でも桃の花の入った桃花酒を飲むようになったと言われています。これがのちに白酒に変化したのが、雛祭りで白酒を飲む風習になりました。 そして童謡『うれしいひなまつり』でも、「すこし白酒 めされたか 赤いお顔の右大臣」と、歌詞の中に白酒が出てくるほど、桃の節句の風習として馴染んでいたことがうかがえます。 小さい頃から馴染みの童謡に、そんな由来があったことに驚きですね。 日本文化の知恵の一つとして生かしていただけると幸いです。   本日も、最後までお読みいただきありがとうございました。   *****   のレンMURO神楽坂店 住所:〒162-0825 東京都新宿区神楽坂1丁目12番地6号 電話番号:03-5579-2910 ホームページURL:http://noren-japan.jp/store/murokagurazaka/ ECサイトURL:https://koujiamasake.jp/ Instagram:https://www.instagram.com/noren_muro/
  • 麹と糀の違い|甘酒専門店 のレンMUROムロ【公式通販】

    麹と糀の違い|甘酒専門店 のレンMUROムロ【公式通販】

    こんにちは。米麹甘酒専門店のレンMUROです。   突然ですが、様々な米麹甘酒を見ている中で、あることを疑問に思ったことがあります。 『麹と糀の違いってなんだろう?』 ということです。読者の方々も、ふと思ったことがある方もいるかもしれません。そこで、その違いについてまとめてみました。   まず「糀」という漢字は、明治時代に日本で作られた漢字、つまり和製漢字になるそうです。この形の由来は、米麹を造る際、蒸したお米に麹菌が根付いていく様子が、まるで『米の上に白い花が咲いているかのように見える』ことから”米に花”と書いて「糀」と書くようになったそうです。なので、この糀という漢字は、蒸したお米に麹菌を撒き発酵させて作った麹、つまり米麹のみに使われます。よって、大豆など、お米以外で発酵させた麹には「糀」という漢字は使えないのです。 たまに「糀屋」と書かれているお店を見かけることもあると思いますが、そこは米麹だけの専門店になります。   一方「麹」という漢字は、元々中国から伝わってきた、昔からある古い漢字になるそうです。「麹」は「糀」と違い、お米だけでなく麦や大豆といった、お米以外の穀物でつくられる全ての麹に使われます。麦ならば麦麹、豆ならば豆麹、となります。麹の漢字の成り立ちは諸説ありますが、まだ不可解な点が多く定かではないそうです。 「糀屋」と同じように「麹屋」というお店もあり、そこは米麹以外にも麦麹や豆麹も取り扱っている可能性が高いということになります。   せっかくなので、それぞれの麹が使われる食品をまとめてみました。 ・米麹:米味噌、米麹甘酒、日本酒、みりんなど ・麦麹:麦味噌、焼酎など ・豆麹:豆味噌   こうやって見ると、様々な食品に麹が関わっていることが分かりますね。見て頂ければわかると思いますが、麹菌は、デンプンやたんぱく質を分解して増殖するので、デンプンを含む穀物なら、差はあれど発酵させることが可能なのです。 余談ですが、以前店舗にいらしたお客様で麹菌を購入(店舗でのみお取り扱いしております)した方がいらっしゃったのですが、トウモロコシ麹やかぼちゃ麹も作ったことがあるとおっしゃっていました。その方の着眼点にも驚きましたが、やはり麹菌の力はすごいですね。   本日も、最後までお読みいただきありがとうございました。   *****   のレンMURO神楽坂店 住所:〒162-0825 東京都新宿区神楽坂1丁目12番地6号 電話番号:03-5579-2910 ホームページURL:http://noren-japan.jp/store/murokagurazaka/ ECサイトURL:https://koujiamasake.jp/ Instagram:https://www.instagram.com/noren_muro/      
  • 米麹甘酒と日本酒の違い|甘酒専門店 のレンMUROムロ【公式通販】

    米麹甘酒と日本酒の違い|甘酒専門店 のレンMUROムロ【公式通販】

    こんにちは。米麹甘酒専門店のレンMUROです。 前回のブログでかきました『酒造好適米とは』から派生して、今回は『米麹甘酒と日本酒の違い』についてお話したいと思います。   米麹甘酒と日本酒の共通点は、どちらも「お米と米麹を使っていること」です。そして大きな違いは、「アルコールがあるかないか」になります。 同じ材料を使っているのに、なぜこんなにも違いが出るのでしょうか。   初めに言ってしまうと、 二つの大きな違いは『酵母を入れているか入れていないか』です。 酵母とは菌の一種で、糖をアルコールと二酸化炭素に分解してくれます。これを『アルコール発酵』といいます。日本酒造りでは、この酵母を入れることによりアルコールを生み出しているのです。 酵母は、最近人気の自家製パン作りでも欠かせないですよね。 つまり家庭でも、炊いたお米と米麹を混ぜて保温してできる甘酒に酵母を入れるだけで、日本酒の原型はできるのです。これを『どぶろく』といい、もろみや濁りを濾す前の日本酒になります。 ですが、家庭でのお酒の製造は酒税法違反になるので、やめておきましょうね。   では、せっかくなので、日本酒の製造について大まかに説明したいと思います。   日本酒は、米麹によるお米のデンプンをブドウ糖に分解する『糖化』と、酵母によってブドウ糖をアルコールと二酸化炭素に分解する『アルコール発酵』という、2つの化学反応を同時に同じタンクで行う”並行複発酵”により造られています。 通常、発酵とは単一で行うものであり、例えばビールは、糖化とアルコール発酵を別々のタンクで行う”単行複発酵”で造られ、ワインはアルコール発酵のみを行う”単発酵”で造られます。日本酒で用いられる並行複発酵は、世界でも類を見ない高度な醸造方法なのです。   日本酒の製造過程は約8工程あります。 ①精米(ここの精米歩合で、吟醸や大吟醸が決まります) ⇒②洗米・浸漬(お米の表面の糠を落とし吸水させる) ⇒③蒸し(麹菌の作用を受けやすくするため) ⇒④製麹(せいぎく:蒸したお米に麹菌を繁殖させる) ⇒⑤酒母造り(酵母を育てるための酒母を造る) ⇒⑥醪造り(タンクに酒母を入れ、蒸米・麹・水を数回に分けて加え、アルコール発酵を行う) ⇒⑦搾り(醪を酒と酒粕に分ける) ⇒⑧貯蔵(滓引き、濾過、加水、火入れ、などの調整を行い、お酒を貯蔵する) この工程の中でもさらに役割が分かれており、一つ一つが繊細な作業になります。材料はシンプルなのに、とても手間がかかることが伝わりますね。   米麹甘酒と日本酒。材料が一つ違うだけで、こんなにも手間や味が変わってしまうことに驚きですね。 当店で扱っている甘酒を造っている蔵元さんは日本酒を造っているところが多いので、お酒が飲める方は比べてみるのも面白いかもしれません。   本日も、最後までお読みいただきありがとうございました。   *****   のレンMURO神楽坂店 住所:〒162-0825 東京都新宿区神楽坂1丁目12番地6号 電話番号:03-5579-2910 ホームページURL:http://noren-japan.jp/store/murokagurazaka/ ECサイトURL:https://koujiamasake.jp/ Instagram:https://www.instagram.com/noren_muro/    
  • 甘酒専門店が教える、飲む点滴といわれる甘酒の効果・効能とその実体験|甘酒専門店 のレンMUROムロ【公式通販】

    甘酒専門店が教える、飲む点滴といわれる甘酒の効果・効能とその実体験|甘酒専門店 のレンMUROムロ【公式通販】

      こんにちは。 米麹甘酒専門店のレンMURO神楽坂店スタッフで、元管理栄養士の堀野です。   「飲む点滴」と言われる米麹甘酒は、 その栄養素の豊富さから、健康や美容面において様々な効果・効能が期待されています。 このブログでは、米麹甘酒の様々な栄養素による効果・効能と、 そんな米麹甘酒の1か月生活を続けてみた当店のスタッフの実体験をまとめてみました。   <【初心者さんにおすすめ】1週間分の甘酒セットはこちら> <【いろいろな種類を楽しみたい人に】忙しい朝に!朝の快調セット毎日1本飲み切りサイズ-2週間分はこちら> 【米麹甘酒の効果・効能】 「整腸作用」 米麹甘酒に含まれるオリゴ糖や食物繊維は、腸内環境を整えて排便を促してくれます。オリゴ糖は善玉菌のエサになり、食物繊維はたまった老廃物を絡め取ってくれるので、これらの栄養素の働きにより腸内環境が整うのです。 また、乳酸菌入りの甘酒や、甘酒をヨーグルトなどにかけて食べることで、乳酸菌が腸内環境を整えるお手伝いをしてくれるため、便秘などに悩んでいる方にさらなる効果が期待できます。   「美肌・美白」 甘酒に含まれる豊富なビタミンB群が肌の細胞を活性化してくれたり、麹菌に含まれるコウジ酸がシミの原因となるメラニンの生成を抑制してくれるなど、美肌にも効果のある甘酒。 また、エルゴチオネインやアルブチンなどの強力な抗酸化作用を持つ栄養素も含まれており、肌のターンオーバーを促進してくれるため、「飲む日焼け止め」ともいわれるほどの美白効果も期待できるのです。   「安眠」 疲労とストレスの解消効果がある言われるGABAが含まれており、睡眠ホルモンといわれるセロトニンの生成を促してくれるなど、寝る前に甘酒を飲むのもおすすめです。 ただしカロリーが高いので、飲みすぎには注意して100mlくらいをゆっくり飲むと、リラックス効果もあり安眠につながりやすくなります。   「疲労回復」 甘酒に含まれるブドウ糖とアミノ酸は、ヒトの身体に吸収される栄養素の最小の大きさなので分解する必要がなく、直接、脳や体のエネルギーとなります。朝などの時間がなく食事がとれない時や、運動後のエネルギー補給に最適です。 また、ビタミンB1、B2、B6、ナイアシンなどの豊富なビタミンB群が疲労回復を促してくれます。 特に甘酒は90%以上の吸収率をもっているので、効率よく栄養素を摂取することができます。   「免疫力アップ」 上記でも説明しましたビタミンB1、B2、B6、ナイアシンなどの豊富なビタミンB群は、タンパク質の合成や脂質の代謝などに関わる、私たちの体に欠かせない栄養素で、身体の様々な代謝を促してくれます。 また、人体で作れない9種類の必須アミノ酸を全て含んでおり、これらは、疲労回復や免疫力アップ、美肌効果や安眠効果など、様々な効果につながり、私たちの健康な体づくりに欠かせない様々な働きをしてくれます。   これらの様々な栄養素を定期的に摂取することで、免疫力アップにつながるのです。     『本当にこれだけの効果を実感できるのだろうか?』 と、思った方も多くいらっしゃると思います。   そこで、これらの効果を実感するべく、当店のスタッフが1ヶ月の米麹甘酒生活を続けてくれました。   <【初心者さんにおすすめ】1週間分の甘酒セットはこちら> <【いろいろな種類を楽しみたい人に】忙しい朝に!朝の快調セット毎日1本飲み切りサイズ-2週間分はこちら> *****   【甘酒生活を1ヶ月続けてみての感想】 甘酒生活も1ヶ月が経ちました。 毎日飲むことがすっかり習慣になってしまって、ストックが切れそうになるとざわつくようになりました(笑) 私はこの1ヶ月の甘酒生活で、味の違いを楽しむようになりました。 生麹や乾燥麹から自分で作って、味の違いを比べてみたり、MUROのオンラインショップで甘酒を購入してプロの味を楽しんだりと、毎日楽しみながらであっという間の1ヶ月でした。   《手作り甘酒の感想》 ・簡単にできた! ・癖がない! もしかしたら甘酒だと気づかないかもしれません。甘酒が苦手な方は、一度手作りを試してみるとよさそうです。 ・甘さ調節ができる 発酵の時間で甘さがかなり変わります。発酵時間が10時間を越えるとシロップ並みの甘さになりました!砂糖使用ゼロでこの甘さを出してくれる麹菌に感動しました。 ・生麹と乾燥麹をそれぞれ使ってみて ①喉ごしの違いがあります。喉を通ったときに残る甘さの後味が、生麹はスッキリとして、くどさがないです。 ②口当たりの違いがあります。乾燥麹は多少米麹の芯が残りやすく口に残る感じがありました。 ⇒個人的に生麹がオススメです! あとはやはり、自分で作ったためか、なんだか愛おしく感じました。   《プロの甘酒の感想》 今回、MUROのフードロス削減SALEにて、甘酒を沢山購入させて頂きました。...
  • この季節に動き出す”活力”を与える甘酒|甘酒専門店 のレンMUROムロ【公式通販】

    この季節に動き出す”活力”を与える甘酒|甘酒専門店 のレンMUROムロ【公式通販】

    こんにちは。米麹甘酒専門店のレンMUROです。 ここ最近は最高気温が30度を超えるなど、急激に夏日になってきました。 実は私たちのレンでは、日本の季節の移ろいを表す”二十四節気”を大事にしています。店舗に来るとお分かり頂けると思いますが、二十四節気ごとの立て札を置いており、日本人が古来から大事にしてきた、伝統と細やかな季節の移ろいを大事にしております。 そしてその二十四節気をさらに分けた”七十二候”というものがあり、母の日(5月10日)から『蚯蚓出(みみずいずる)』に入りました。 蚯蚓出とは、冬眠していたミミズが土の中から出てくるころを言います。他の生き物は3月5日から20日までの『啓蟄(けいちつ)』の頃に出てきますが、ミミズは遅めに活動を始め、畑土を肥やしてくれます。 同じように私たちも、徐々に外に出る動きが出るようになってきました。 ですが、体力が戻らない中で外に出ることにより、熱中症などで体調を崩す方が増える可能性があります。もしかしたら、食欲がなくなる方も出てくるかもしれません。 そんな時こそ、米麹甘酒を飲んでいただきたいです。俳句では夏の季語に使われるように、甘酒の季節は夏です。江戸時代から、暑さに苦しむ庶民たちを支えてきました。 現代では江戸時代よりもさらに多くの甘酒が造られていて、当店でもたくさんの種類を取り扱っております。 その中でも、特にこの時期おススメの甘酒をご紹介しますね。   〇一日一糀 玄米甘酒(石川県 ヤマト醤油味噌店) こちらの甘酒は、玄米甘酒と植物性乳酸菌を組み合わせ、クエン酸などを含有した、MUROの中でも特に栄養価の高い甘酒です。玄米の濃厚さと、乳酸菌とクエン酸によるしっかりとした酸味が、体力を回復したいこの時期によく効きます。普段は、健康・美容に気を遣われる女性に人気です。同じシリーズでハトムギを加えた紫もありますが、スタンダードな白の方が飲みやすいので、ぜひこちらから試してみてください。前回のブログで紹介した『甘酒の炭酸割り』が、暑いこの時期におすすめです。   〇神楽坂甘酒 かぼす(大分県 ぶんご醸造) こちらの甘酒は、この暑い時期に冷たくしたり炭酸割りで是非飲んで欲しい甘酒です。元が甘めで後味がサラッと仕上がっているので、甘過ぎない味が多くの方から指示を受けています。魔法瓶に入れて、凍らせて、暑いこの時期に外に出るときのお供に持って行っていただけると、熱中症対策にもなります。この時期の父の日の贈り物にもおすすめです。   二つとも、変化の大きいこの時期に、まさに動き出す”活力”を与えてくれる甘酒です。是非試してみてください。 もちろん、十分な睡眠と栄養ある食事、そして水分補給もしっかりやっていきましょう。 本日も、最後までお読みいただきありがとうございました。   *****   のレンMURO神楽坂店 住所:〒162-0825 東京都新宿区神楽坂1丁目12番地6号 電話番号:03-5579-2910 ホームページURL:http://noren-japan.jp/store/murokagurazaka/ ECサイトURL:https://koujiamasake.jp/ Instagram:https://www.instagram.com/noren_muro/      
You have successfully subscribed!
This email has been registered
ico-collapse
0
最近見た
商品
ic-cross-line-top
Top
ic-expand
ic-cross-line-top