• コラム:酒造好適米とは

    コラム:酒造好適米とは

    こんにちは。米麹甘酒専門店のレンMUROです。 本日は、お米についてのコラムを書きたいと思います。 さて、当店でお取り扱いしている米麹甘酒の原料はお米ですが、他にお米で作られた飲み物だと何が思い浮かびますか?    代表的なものだと『日本酒』があげられますね。こちらを作るのにも、お米は欠かせません。 もちろん私たちの食生活にも、お米は欠かせませんよね。   ですが実は、日本酒で使うお米と私達が食べるお米は一緒ではないのです。 日本酒に使われているお米の中には『酒造好適米』という、名前の通りお酒造りに適したお米があります。有名な銘柄を挙げてみると「山田錦」「五百万石」「美山錦」「雄町」などがあります。特に山田錦は、酒造好適米の王者なので、とても人気があります。 山田錦の甘酒は、当店でもお取り扱いしており、日本酒造りに使えないサイズのお米で作られているそうです。お米を最後まで使い切る精神は、まさに日本の『もったいない』文化の賜ですね。   ところで、酒造好適米が通常のお米と違う点はなにがあるのでしょうか。まとめてみました。 【酒造好適米の特徴】 ■タンパク質や脂質が少ない タンパク質が分解されてアミノ酸になります。アミノ酸は旨味成分でもありますが、酒造りでは雑味になってしまうので少ない方が良いのです。 また脂質は酒の香が立ち上がるのを邪魔してしまうのだそうです。 ■心白(シンパク)が大きい。 心白とは米の中心にある芯で、タンパク質が少ない、もろみによくとける、粘度が高く磨きに強いという性質があります。 ■粒が大きくて丈夫 酒造好適米は食べるお米に比べて精米時、段違いに磨き削ります。米粒の外側にはタンパク質や脂質が多いからです。大吟醸では磨くと50%以下になるので、磨きに耐えられる大きさと丈夫さが特徴です。 ■醸造適性が高い 麹の食い込みやすさ、や、心白発現率、蒸米給水率、破精こみなど、酒への醸造がしやすいことも求められます。   まとめてみると、酒造好適米に求められる基準はたくさんあることが分かりますね。 ですが、酒造好適米に分類されないお米からもお酒は造られていますし、 お酒を仕込む工程で、酒造好適米以外のお米に「手伝って」もらう過程があったりもするそうです。 それでもやはり、酒造好適米は『日本酒の為に』と情熱を注がれ作られた、選ばれしお米ということなのです。 その数は、なんと100品種以上!その数に驚くのと同時に日本人がどれだけお米を追求し、愛しているかを感じさせられます。   当店にある様々な甘酒を作って下さっている全国の酒蔵さんは、甘酒だけでなく日本酒造りを行っているところがとても多いので、共通の『お米』をテーマに取り上げてみました。 私たちの食生活に欠かせない、日本文化の象徴の一つであるお米を、これからも大事にしていきたいですね。   本日も最後までお読みいただきありがとうございました。   *****   のレンMURO神楽坂店 住所:〒162-0825 東京都新宿区神楽坂1丁目12番地6号 電話番号:03-5579-2910 ホームページURL:http://noren-japan.jp/store/murokagurazaka/ ECサイトURL:https://koujiamasake.jp/ Instagram:https://www.instagram.com/noren_muro/      
  • 甘酒専門店が教える、飲む点滴といわれる甘酒の効果・効能とその実体験

    甘酒専門店が教える、飲む点滴といわれる甘酒の効果・効能とその実体験

      こんにちは。 米麹甘酒専門店のレンMURO神楽坂店スタッフで、元管理栄養士の堀野です。   「飲む点滴」と言われる米麹甘酒は、 その栄養素の豊富さから、健康や美容面において様々な効果・効能が期待されています。 このブログでは、米麹甘酒の様々な栄養素による効果・効能と、 そんな米麹甘酒の1か月生活を続けてみた当店のスタッフの実体験をまとめてみました。   <【初心者さんにおすすめ】1週間分の甘酒セットはこちら>   【米麹甘酒の効果・効能】 「整腸作用」 米麹甘酒に含まれるオリゴ糖や食物繊維は、腸内環境を整えて排便を促してくれます。オリゴ糖は善玉菌のエサになり、食物繊維はたまった老廃物を絡め取ってくれるので、これらの栄養素の働きにより腸内環境が整うのです。 また、乳酸菌入りの甘酒や、甘酒をヨーグルトなどにかけて食べることで、乳酸菌が腸内環境を整えるお手伝いをしてくれるため、便秘などに悩んでいる方にさらなる効果が期待できます。   「美肌・美白」 甘酒に含まれる豊富なビタミンB群が肌の細胞を活性化してくれたり、麹菌に含まれるコウジ酸がシミの原因となるメラニンの生成を抑制してくれるなど、美肌にも効果のある甘酒。 また、エルゴチオネインやアルブチンなどの強力な抗酸化作用を持つ栄養素も含まれており、肌のターンオーバーを促進してくれるため、「飲む日焼け止め」ともいわれるほどの美白効果も期待できるのです。   「安眠」 疲労とストレスの解消効果がある言われるGABAが含まれており、睡眠ホルモンといわれるセロトニンの生成を促してくれるなど、寝る前に甘酒を飲むのもおすすめです。 ただしカロリーが高いので、飲みすぎには注意して100mlくらいをゆっくり飲むと、リラックス効果もあり安眠につながりやすくなります。   「疲労回復」 甘酒に含まれるブドウ糖とアミノ酸は、ヒトの身体に吸収される栄養素の最小の大きさなので分解する必要がなく、直接、脳や体のエネルギーとなります。朝などの時間がなく食事がとれない時や、運動後のエネルギー補給に最適です。 また、ビタミンB1、B2、B6、ナイアシンなどの豊富なビタミンB群が疲労回復を促してくれます。 特に甘酒は90%以上の吸収率をもっているので、効率よく栄養素を摂取することができます。   「免疫力アップ」 上記でも説明しましたビタミンB1、B2、B6、ナイアシンなどの豊富なビタミンB群は、タンパク質の合成や脂質の代謝などに関わる、私たちの体に欠かせない栄養素で、身体の様々な代謝を促してくれます。 また、人体で作れない9種類の必須アミノ酸を全て含んでおり、これらは、疲労回復や免疫力アップ、美肌効果や安眠効果など、様々な効果につながり、私たちの健康な体づくりに欠かせない様々な働きをしてくれます。   これらの様々な栄養素を定期的に摂取することで、免疫力アップにつながるのです。     『本当にこれだけの効果を実感できるのだろうか?』 と、思った方も多くいらっしゃると思います。   そこで、これらの効果を実感するべく、当店のスタッフが1ヶ月の米麹甘酒生活を続けてくれました。   <【初心者さんにおすすめ】1週間分の甘酒セットはこちら>   *****   【甘酒生活を1ヶ月続けてみての感想】 甘酒生活も1ヶ月が経ちました。 毎日飲むことがすっかり習慣になってしまって、ストックが切れそうになるとざわつくようになりました(笑) 私はこの1ヶ月の甘酒生活で、味の違いを楽しむようになりました。 生麹や乾燥麹から自分で作って、味の違いを比べてみたり、MUROのオンラインショップで甘酒を購入してプロの味を楽しんだりと、毎日楽しみながらであっという間の1ヶ月でした。   《手作り甘酒の感想》 ・簡単にできた! ・癖がない! もしかしたら甘酒だと気づかないかもしれません。甘酒が苦手な方は、一度手作りを試してみるとよさそうです。 ・甘さ調節ができる 発酵の時間で甘さがかなり変わります。発酵時間が10時間を越えるとシロップ並みの甘さになりました!砂糖使用ゼロでこの甘さを出してくれる麹菌に感動しました。 ・生麹と乾燥麹をそれぞれ使ってみて ①喉ごしの違いがあります。喉を通ったときに残る甘さの後味が、生麹はスッキリとして、くどさがないです。 ②口当たりの違いがあります。乾燥麹は多少米麹の芯が残りやすく口に残る感じがありました。 ⇒個人的に生麹がオススメです! あとはやはり、自分で作ったためか、なんだか愛おしく感じました。   《プロの甘酒の感想》 今回、MUROのフードロス削減SALEにて、甘酒を沢山購入させて頂きました。...
  • コラム:マイコファジストの日

    コラム:マイコファジストの日

    こんにちは。米麹甘酒専門店のレンMUROです。 本日は、ちょっとコラムなお話をしたいと思います。   みなさん、本日5月15日は何の日かご存知でしょうか。 実は『マイコファジストの日』だそうです。マイコファジストとは、キノコをはじめとした菌類や、納豆、味噌、ヨーグルトなど、菌類の発酵作用を利用した加工食品を積極的に食べることを心掛けている人のことを指します。菜食主義者をベジタリアンと呼ぶのにならって命名されました。 ”菌類の発酵作用を利用した加工食品”ということで、甘酒も十分仲間になりますね。 ちなみに、なぜ5月15日なのでしょうか。 由来は、5月=英語でMayをローマ字読みで(マイ)と読み、15日(イゴ)と読み、組み合わせた語呂合わせなのだそうです。2009年に、長野県中野市に本拠を置く日本きのこマイスター協会が制定しました。語呂合わせというのが、とても日本人らしいですよね。 もともと、きのこ産業の振興に役立て、多くの人にきのこを食べる食生活で健康になってもらうことが目的に制定されたのですが、きのこだけでなく納豆や味噌などの発酵食品も入るので、記念日の範囲は広くとらえられます。   さて、せっかくの菌類、発酵食品の記念日なので、そんな日にピッタリのレシピを考えてみました。 〇きのこの甘糀焼き(2、3人分) ≪材料≫ お好きなきのこ(2、3種類あるとなおよい)両手にいっぱい乗るくらい、ごま油小さじ2、味噌大さじ1.5、甘酒(濃縮タイプ)大さじ2、酒大さじ3分の2(風味付けと、味噌をのばすため) ≪作り方≫ 1.お好きなきのこを適当な大きさに割き、アルミホイルにのせて上からごま油をまんべんなくかける。 2.味噌と甘酒と酒を混ぜ、きのこ全体にまんべんなくかける。 3.グリルに水を張り、弱火で5分ほど焼く。最後に、細かく刻んだ小ねぎやごまなどをお好みでかける。 グリルではなく、フライパンで焼いてもできます。 ※写真はイメージです。 きのこと味噌と甘酒と、菌類と発酵食品のオンパレードですね。他の食材も入れて、ぜひ試してみてください。 前回のブログでも書きましたが、環境変化が大きく体調を崩しやすい季節なので、日頃から発酵食品を積極的に取り入れて健康な食生活を送って下さい。   本日も、最後までお読みいただきありがとうございました。   *****   のレンMURO神楽坂店 住所:〒162-0825 東京都新宿区神楽坂1丁目12番地6号 電話番号:03-5579-2910 ホームページURL:http://noren-japan.jp/store/murokagurazaka/ ECサイトURL:https://koujiamasake.jp/ Instagram:https://www.instagram.com/noren_muro/        
  • 発酵に欠かせない微生物について

    発酵に欠かせない微生物について

    こんにちは。米麹甘酒専門店のレンMUROです。 みなさん、GWはどのように過ごされましたか?おうちじかんを楽しまれた方が多ければ幸いです(^^)   前回のブログでは「麹を使った発酵食品について」についてかきました。 今回は、麹だけでなく、様々な発酵食品に関わっている微生物とその食品についてお話したいと思います。   そもそも発酵とは、微生物の生命活動によって行われるものです。   発酵食品を生み出す微生物には①カビ ②酵母菌 ③細菌  の、大きく3種類があります。    ①カビ(モールド) 代表的なものは、麹菌やブルーチーズで有名なアオカビ、カツオブシカビなどがあります。 麹菌は蒸した穀物に繁殖するカビの一種です。日本の伝統調味料である、お醤油やお味噌などを生み出す和食文化には欠かせない菌です。 ≪主な食品≫ 甘酒、日本酒、味噌、醤油、みりん、ブルーチーズ、カマンベールチーズ、鰹節など    ②酵母菌(イースト) パンやビール、ワイン、日本酒などを作る時に活躍する菌です。酵母とはアルコール発酵のことです。 酵母は空気中や自然界のあらゆる場所に生息しています。発酵の過程で、糖分を分解して二酸化炭素とアルコールを発生する性質を利用して、日本酒などお酒が作られます。アルコールにより良い香りが発生します。パンがふっくら膨らむのは二酸化炭素の働きによるものです。 ≪主な食品≫ ワイン、ビール、日本酒、パンなど   ③細菌(バクテリア) 代表的なものだと、乳酸菌や、酢酸菌、納豆菌のことです。   ・乳酸菌 乳酸菌とは、食品に含まれている糖類をエサにして、乳酸を発生させる細菌類の総称です。 動物性の乳に乳酸菌を加えると、液体が凝固していき、その性質を活かしてヨーグルトが作られるようになりました。 ≪主な食品≫ ヨーグルト、チーズ、お漬物、味噌、醤油など   ・酢酸菌 酢酸菌(さくさんきん)とは、アルコール分や糖類をエサにして、酢酸に変える細菌類の総称です。 「お酢」という漢字は、「酒から作る」という成り立ちからも、お酢がお酒から酢酸発酵して形成されたものであるということが分かります。 ≪主な食品≫ お酢、ナタデココなど   ・納豆菌 納豆菌は、稲わらに多数存在しています。 加熱した大豆に納豆菌を加えて発酵させると、大豆に含まれるタンパク質を分解してうま味であるアミノ酸を生形します。 そして糸を引く納豆が出来上がります。発酵することにより、大豆に含まれるビタミンB2は煮豆の6倍、ビタミンK2は数百倍も含まれるそうです。納豆菌は繁殖力が強く、他の菌を寄せ付けない力を持っており、お味噌やお醤油蔵では他の菌に影響してしまうため、納豆を食べてきた人は立ち入りが出来ないほど慎重な扱いになっているそうです。 ※以前書いたブログの「甘酒の作り方」で、甘酒を作る際に納豆を食べないでください。とかいたのはこのためです。 ≪主な食品≫ 納豆   このように、様々な微生物が発酵食品に関わっています。 この微生物たちのおかげで、免疫を上げてくれるという様々な発酵食品が食べられることに感謝ですね。こんなときだからこそ、自分たちの身の回りにある“ゆたかさ”に目を向けたいものですね。   本日も、最後までお読みいただきありがとうございました。   *****   のレンMURO神楽坂店 住所:〒162-0825 東京都新宿区神楽坂1丁目12番地6号 電話番号:03-5579-2910 ホームページURL:http://noren-japan.jp/store/murokagurazaka/ ECサイトURL:https://koujiamasake.jp/ Instagram:https://www.instagram.com/noren_muro/  
  • 甘酒のアレンジレシピ

    甘酒のアレンジレシピ

    こんにちは。のレンMURO神楽坂店です。 本日は、前回のブログでお話した『甘酒とダイエット』の末尾の予告通り、甘酒のアレンジ方法について書きたいと思います。 レシピというほどのものではないので、甘酒さえあればすぐに試すことができますよ。   米麹甘酒は、そもそもお米から出来ているので、和の食材とよく合います。定番は、同じ米麹を使っているお味噌です。また、醤油にもよく合います。 他にも、納豆やキムチなどの発酵食品とも相性がいいです。キムチの辛さを和らげるのにも丁度良いです。 お砂糖代わりとして使いやすいのは、濃縮タイプの甘酒です。 ストレートタイプの甘酒も使えますが、もともと加水されている分、甘さを出すには量を入れなければいけないので、水っぽくなってしまいます。 使う甘酒の濃縮度合いにもよりますが、 大体『砂糖1に対して甘酒1~1.5』が目安です。 砂糖よりは甘さが控えめなので、気持ち多めに入れると丁度良くなります。種類によって、甘さだけでなく濃厚さも違うので、比べてみるといいかもしれません。  また、ペーストタイプの方が、お米の粒感を気にせずお使いいただけます。  なので、本当にお砂糖と同じ感覚で使っていただいていいのですが、せっかくなので始めに試して頂きたい、とても簡単なアレンジ法をお伝えしたいと思います。   *『甘味噌ダレ』お味噌1:濃縮タイプの甘酒1~1.5  ⇒ 蒸したお野菜につけたり、お肉と野菜の炒め物に入れたり。お肉や魚と一緒にジップロックに入れて一晩おくと、味もつく上に身が柔らかくなります。 *『甘醤油ダレ』醤油1:濃縮タイプの甘酒1~1.5  ⇒ 甘味噌ダレと同じ活用方法で。生姜やニンニクを入れるとアクセントになります。お豆腐にかけたり、納豆に入れても美味。  他にも、ごま油を入れたり、ねりごまを加えたり、様々な食材と組み合わせてみると、アレンジの幅が一気に広がります。   過去のブログでも綴っているように、甘酒には豊富な栄養素が含まれているので、おかずと一緒にとるといつもの食事の栄養アップができて一石二鳥です♪ 甘酒は、毎日摂りいれることが健康増進や免疫力向上の秘訣なので、様々なアレンジを楽しみながらぜひ続けてみてください。   本日も最後までお読みいただきありがとうございました。   *****   のレン MURO 神楽坂店 住所:〒162-0825 東京都新宿区神楽坂1丁目12番地6号 電話番号:03-5579-2910 ホームページURL:http://noren-japan.jp/store/murokagurazaka/ ECサイトURL:https://koujiamasake.jp/ Instagram:https://www.instagram.com/noren_muro/    
You have successfully subscribed!
This email has been registered
ico-collapse
0
最近見た
商品
ic-cross-line-top
Top
ic-expand
ic-cross-line-top