麹甘酒の作り方

こんにちは。のレンMURO神楽坂店です。

本日は、自宅で簡単にできる!麹甘酒の作り方についてお話したいと思います。

 

麹甘酒は、お米と麹と水だけという、とても少ない材料でできます。

お米を混ぜても、麹だけでもどちらでもできますが、たくさん作りたい!という方は、炊いたお米を混ぜた方がたくさんできますよ。

二つの違いに関しては、お米を混ぜて作る方が麹菌のエサとなるでんぷん質が多いので甘く仕上がります。麹だけで作る甘酒は、麹の風味が良く感じられます。成分的にはあまり変わらないので、お好きな方で作ってみてください。

 

*お米と麹で作る甘酒*

【材料】

1合、米を炊くための水360ml(やわらかめに炊きます)、炊いた米を冷ますための水360ml、乾燥米麹200g(生麹なら400g

【必要なもの】

炊飯器、濡れふきん

1.米を洗い、米を炊くための水をいれ、炊飯器で普通に炊きます。

2.炊いたお米に、少しずつ水を加えて混ぜながら、5560℃まで冷まします。温度が下がらなければ、少し水を足してください。

3.2に米麹を加え、しゃもじなどで全体をしっかり混ぜ合わせます。

4.炊飯器のふたを開けたまま濡れふきんをかけて約8~10時間保温し、とろっとペースト状になったら完成です。

※途中、12度濡れふきんを湿らせて乾燥を防いでください。

 

*麹だけで作る甘酒*

【材料】

乾燥米麹300g(生麹の場合は600g)、5560℃のお湯300ml

【必要なもの】

炊飯器またはヨーグルトメーカー、濡れふきん

1.炊飯器、またはヨーグルトメーカーに米麹を入れ、お湯を入れて清潔なスプーンなどで混ぜる。

2.炊飯器の場合は、ふたを開けて上から濡れふきんをかけ、5560℃に保ち約8~10時間保温。とろっとペースト状になったら完成です。

※途中、12度濡れふきんを湿らせて乾燥を防いでください。

 

冷めたら密閉容器に入れて、冷蔵庫で1週間を目安に食べきって下さい。使い切れない場合は、冷凍庫で保存してもOKです。

お米の粒感が気になるなら、ブレンダーなどで滑らかにすると、お料理などにも使いやすい粒なしのペースト状になります。

 

混ぜて放置するだけなので、とても簡単ですよね!

清潔な器具を使い、温度管理をしっかりすれば、だれでも簡単に作れるのが魅力です。

 

しかし、一点、気を付けて欲しいことがあります。

それは、甘酒を作るとき『納豆は食べないでください!!』

納豆菌は繁殖力がとても強く、空気中を舞うので、ふたを開けた炊飯器で発酵させる甘酒の場合、納豆菌が入り込んでしまう可能性があります。

そしたら、”納豆臭い甘酒”ができてしまいます、、、、(筆者経験済み)

なので、甘酒を作る日は納豆を食べないように気を付けてくださいね。

 

本日は麹甘酒の作り方についてお話しました。自分で作った甘酒は格別なので、是非作ってみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

*****

 

のレンMURO神楽坂店

住所:〒162-0825 東京都新宿区神楽坂1丁目12番地6

電話番号:03-5579-2910

ホームページURLhttp://noren-japan.jp/store/murokagurazaka/

ECサイトURLhttps://koujiamasake.jp/

Instagramhttps://www.instagram.com/noren_muro/